ハイヤーとタクシーの違い

一般的な移動手段として使われることが多いのは、公共の交通機関やタクシーです。確かにそれらは気軽に利用することの出来る便利な乗り物ですが、移動に快適さを求めるのであればハイヤーをおすすめします。ハイヤーとタクシーは似たような移動手段であると考えている人もいるかもしれません。確かに法律ではタクシーの一種として位置づけられていますが、役割は全く異なります。

タクシーは、タイミング良く空車のものを見つければ、手を挙げるだけで乗ることができます。一方ハイヤーは、事前に乗車予約をする必要があります。つまりタクシーと違って街中を流し走行してはいけない決まりになっているのです。その分お客様に対して失礼の無いように、タクシー以上のサービスが求められます。そのため、会社の役員やゲストのお客様の送迎に使われることが少なくありません。

ハイヤーのドライバーは、おもてなしの精神はもちろん、安心して利用してもらうために高い運転技術も求められます。移動時間をゆったりと過ごせるよう、車両も高級車が使われることが多いです。日常の送迎だけでなく、旅行時の利用もおすすめです。貸切制であるため、運転手から現地の情報を聞きながら快適に移動することができ、普段の旅行とは違った楽しみ方ができるでしょう。現地の観光スポットの情報に詳しいドライバーを指名すれば、観光ガイド情報には載っていない魅力的でオンリーワンの穴場的観光スポットを教えてくれるかもしれません。お話好きな運転手なら移動中に会話が弾んで、あっという間に目的地にたどり着くはずです。これはタクシーには無い魅力であり、ドライバーとの交流目的でハイヤーを利用する人もいるほどです。

タクシーとハイヤーは、それぞれ利用目的に応じて使い分けることで、自分にとって最適なサービスを享受できるでしょう。単純に手っ取り早く移動するだけなら、タクシーの方が安く済みますし、お手軽に利用できます。しかし、同乗する相手がおもてなしの必要な客人であったり、長時間の移動になる場合は、ハイヤーの方が適しています。単なる移動だからこそ、その時間を大切にすることでおもてなしの気持ちは相手に伝わるはずです。

ハイヤーを提供している会社はたくさんあり、それぞれの会社でサービス内容や料金が異なります。用意している車両も異なるため、利用したい日や人数が決まったら、問い合わせて予算を伝え、満足できるサービスを提供している会社を選択するようにしてください。