ハイヤーの料金体系はタクシーと異なる

人を乗せて目的地まで連れて行ってくれる、そんな魅力的な乗り物のひとつにハイヤーがあります。似たような乗り物としてタクシーがありますが、どちらもそれぞれに特徴を持っており、多くの人たちが利用しています。個人や企業など、最近ではタクシーが日常的に利用されることも少なくありませんが、ハイヤーとタクシーの料金体系の違いがよく分からない人もいるのではないでしょうか。

タクシーは、基本的には走行距離や時間のシステムを採用しています。そのため、基本料金に走行距離の料金が加算されていき、目的地に到着するまでの料金を支払うのが一般的です。その一方で、ハイヤーはタクシーとは異なり、時間や距離での料金システムではなく、時間単位、あるいは日数単位による契約となります。個人で利用する場合はそう長い期間になることは多くありませんが、企業などの法人であれば、1カ月や2カ月という長い期間で契約することも少なくありません。1カ月あたりいくらという料金で契約し、精算している企業も多く存在します。

ハイヤーを個人で利用する人もいますが、その場合のおすすめはスポット契約です。こちらは1日単位で車をチャーターして決済ができるため、ゴールデンウイークや夏休み、冬休みなどの観光の移動手段に利用できます。旅行先で予約しておくと、行きたい観光地に迷うことなく連れて行ってくれます。また、葬儀や法事など、親戚の集まりで車が急に必要になった時にも重宝します。家族や友人など複数人で利用する場合、思ったよりもリーズナブルな料金で利用できることもあります。

会社によって料金は異なりますが、ワンランク上のサービスを望むのであれば、よりハイクラスな車種を予約すると良いでしょう。車内の空間はもちろん、送迎時の接客サービスなど、一般的なタクシーでは味わえないような最高級の移動を体験することができます。ハイクラスの車種をオーダーすると、1時間単位の金額は高めになりますが、より快適なプライベート空間を手に入れることが可能になります。

また、個人契約のハイヤーの決済方法については、現金決済はもちろん、クレジットカードでの支払いも可能です。クレジットカードはハイヤー会社によって対応ブランドが異なりますので、カード決済を希望される方は事前に確認しておくとよいです。現金決済は当日ドライバーへ支払うことになりますが、クレジット決済の場合は事前決済となります。不明な点はホームページや電話で問い合わせするといいでしょう。