ハイヤーに関する様々な特色

ハイヤーに乗った経験があるという人はそう多くはないでしょう。そもそもタクシーとの違いはどこにあるのかわからない人も多いと思いますが、どちらも目的地まで運転をしてもらえる乗り物という共通点はあります。タクシーとの違いの一つとして、まずは、乗り場は指定したところまで、迎えに来てもらえる点が挙げられます。

タクシーの場合は駅前などにあるタクシー乗り場に並んで乗車ができます。空車の車両を見つけたときには、手を挙げた場所から乗車が可能です。流しでタクシーを走らせていり運転手は、乗車を希望している人に気付いた時点で止まります。タクシーの場合はお客さんが乗車した時点から走行距離で料金メーターのカウントがスタートします。

これに対してハイヤーの場合は、電話で車両を予約して乗車するのが一般的な利用方法です。タクシーも自宅に呼ぶことができますが、ハイヤーは事前に予約し、目的地までの時間やルートを確認しておけるのが特徴です。自宅の玄関先に運転手が来てくれて荷物を車に積み込んでくれたり、サービス面においては高いものがあります。ハイヤーは車の出発地点である車庫がスタートとなり、そこに戻るまでの時間で料金が計算されます。予約時間内であれば、行程を変更して走行距離が予定と変わっても料金は同じです。

また、タクシーにも顧客サービスを充実させている会社が多くありますが、運転手によって差が出る場合があります。あくまでも目的地まで安全運転で、行きたい場所に向かうためだけの乗り物という印象が強いです。そのため、顧客サービスの上ではハイヤーの方が高級感を感じられるでしょう。ハイヤーの顧客サービスは、安心と安全に加えて快適な時間や満足感を高めるためのサービスをモットーにしている、ということがあります。利用者のための貸し切りの車で、専属ドライバーとしての役割を持つ運転手は、到着までの快適な車内空間と移動をかなえてくれます。利用者やその目的によって、サービス内容が変わってきます。

ハイヤーを利用する人は、会社の役員や各界をリードするVIP、報道関係者などが多く、顧客が求めるものは接客および時間であることが多いです。接客においては、ゲストが英語しか話すことができない場合でも、運転手が堪能な英会話を使って接客をします。外国人観光客が利用するときなどは、道案内に加えて観光スポットのガイド役を担っていることもあります。最高のおもてなしと思い出作りに協力するといった魅力を持っているのがハイヤーです。