ビジネスシーンにも最適なハイヤー

ビジネスシーンにも最適なハイヤー ハイヤーはビジネスシーンでも使えて非常に便利です。例えば、ハイヤーを社用車のように専属契約して使用できる点です。一般的な社用車は、会社の管轄内で複数車両を管理するのが一般的です。実際に運転をする社員は、社用車の給油もしなくてはなりませんし、車を運転するのに様々な手続きが必要な場合があります。車の事務処理を担当する社員は、給油明細やETCの明細処理を行う業務まで任されることもあります。他にも、定期的に車のメンテナンスをして安全性の確保が必要となります。社用車として会社で車を維持していくには様々な業務が増えてしまいます。

その手間を省くことが可能であれば、社員の仕事効率が上がることが考えられます。しかし、社用車を無くしてしまえば仕事にも支障があるでしょう。そういった問題は、ハイヤーを社用車として専属契約すれば解決します。ハイヤーは高級感溢れる外観であり、社用車としての利用時にも問題ありません。更に、専属のドライバーが運転を請け負い、社員が運転をしなくて良いのです。仕事で疲れてしまっている社員が運転をすることによる、居眠り運転等の事故を起こす確率を大幅に下げられます。

また、車の管理もハイヤー会社が請け負ってくれる為、契約のやり取りはあるものの、面倒な事務処理をする手間が省けます。ハイヤーであれば、運転はプロのドライバーにお任せして、移動中の車内で好きなことができます。もし仕事が残っているのであれば、移動中の車内でノートパソコンを出して仕事をしても問題ありません。また、携帯が鳴っても電話に出ることが可能です。移動中だけでも少し休みたいといった方は、眠ってしまっても構いません。道路事情に熟知したハイヤーのドライバーが、道に迷うことなく目的地までスムーズに連れて行ってくれます。新しい客先へと向かう際は、事前の下調べをしていても、慣れていない道であれば迷ってしまうかもしれません。そうなると客先への迷惑にもなりますし、会社へのイメージダウンにも繋がってしまいます。そういった大事な予定も、ハイヤーならしっかり時間を厳守し目的地まで行けます。

社員の移動はもちろん、役員やお客さんの送迎でも使用可能です。ハイヤーは、外観から内装まで高級感溢れる車となっており、役員や大切な方が乗っても不快感を与えません。移動時間が贅沢な時間へと変わり満足してもらえるでしょう。ハイヤーのドライバーは接客まで洗練されているため、気持ちの良いおもてなしをしてもらえます。自分で運転する車に役員やお客さんを乗せるとなると、いつも以上に運転に集中しなければいけません。運転に集中するあまり会話が疎かになってしまうと、相手に悪印象と受け取られる可能性もあります。そういった心配をしなくてよいのがハイヤーです。車内は公共交通機関のように周りに不特定多数の乗客がいる訳ではなく、プライベートな空間となっています。そのため、仕事の話をしても問題ありません。移動空間を高級感溢れる贅沢な環境にし、仕事の話もできれば大変効率が良いでしょう。

他にも定期送迎として、通勤時に利用する方法もあります。役員の毎日の通勤を安全に行ってもらう為に、ドアtoドアで対応してもらえます。毎日の通勤に満員電車で揺られ、日によっては遅延や運休が起こってしまう電車の利用を避けるだけでも仕事の効率が上がります。定期送迎に関しては、自分の好きなようにルートを決められるのもメリットです。例えば、いつも寄るコンビニや飲食店があれば、そこを経由するルートを決めておくと便利です。ハイヤーのドライバー間同士で情報を共有して、オリジナルルートとして利用できます。

最新ニュース